プロフィール

広池浩司は、埼玉県越谷市出身。越谷リトル・シニアリーグで硬式野球を始める。 立教高校(現・立教新座高校)、そして東京六大学リーグの立教大学では外野手として活躍し、大学では一年次から四番を任される。高校、大学と主将を務めた。 大学4年の秋、ドラフト指名を待っていたが指名無し。大学卒業後は野球から離れて全日本空輸株式会社(全日空)に就職し一般社会人生活を始める。しかしながら入社2年目の1997年、プロ野球選手への夢断ち難く、小さな新聞記事で目にした広島東洋カープの入団テストに「投手」として一般応募し、一次、二次試験合格。以降の試験に全力で臨む為、選手契約成立の保証が無いまま、意を決して全日空を退社した。その熱意が実ったのか、翌1998年は自費でドミニカに渡り、カープアカデミーにて練習を積むチャンスを掴む。異国での生活・練習はおよそ10ヶ月におよんだが、実力が認められて同年11月、広島東洋カープがドラフト8位で指名。晴れてプロ野球選手契約を結び、正式入団した。同期には東出輝裕、井生崇光、森笠繁、小山田保裕、新井貴浩らがいる。
プロ入り11年目の2009年、シーズンイン直前に肘の怪我に見舞われ、手術を余儀なくされた。結果、プロ入り後初めて一軍登板機会の無いシーズンとなった。 2010年、野村謙二郎新監督を迎え、新たなスタートを切る広島カープにとって、貴重な左腕としてリリーフ・先発と様々な場面での活躍が期待されていた。
2010年限りで現役を引退し、現在は埼玉西武ライオンズで打撃投手として活躍している。

 
名前  広池 浩司(ひろいけ こうじ)
所属  広島東洋カープ
背番号   68(1999~2004)、28(2005~)
身長/体重   185cm/85kg
生年
月日
  1973年8月29日
血液型   B型
出身地  埼玉県越谷市
経歴  

  立教高-立教大-(全日空)
 -広島東洋カープ

 

生涯成績: 

登板数248試合 9勝12敗1S 25H 対戦打者数1270

 

  <プロ初登板> 1999.4.2
  対中日ドラゴンズ:ナゴヤドーム
  <プロ初勝利> 2002.4.14
  対ヤクルトスワローズ:広島市民球場
  <プロ初打席初本塁打> 1999.9.29
  対阪神タイガース:広島市民球場